更年期で悩んだこと、動悸について

更年期で悩んだこと、動悸について

30代で更年期というと、まだまだだと思われがちですけど、今は、30代でも更年期になる方も多いと言うのを、自分自身が更年期になってみて知りました、早い人では、20代で更年期になってしまう方もいるようです。

 

私が、最初の異変に気が付いたのは、胸の動悸でした。寝ているときに、胸がぎゅーと締め付けられる感じがして、心筋梗塞などになってしまうのではないかという不安が強く、循環器内科を受診しましたけど、心臓に異常はみつかりませんでした。しかし、それからも動悸が収まることがなく、友人の勧めで、婦人科を受診してみると、なんと更年期だったのです。

 

血液検査などで、気軽に分かるので、不安だなと思う方がいたら受診してみるといいと思います。心臓の痛みなので、とても怖かったのですけど、更年期だと分かると、気持ちはずいぶん楽になりました。薬を服用して、動悸は何とか抑えることが出来ました。

 

それ以外にも、生理不順などもありましたけど、動悸に比べてば不安は少なかったですけど、放置しておくと生理が完全に止まってしまうので、早めの受診が大事だなと思いました。

アロマテラピーで気持ち良く過ごせました

私は更年期で、少し苦しんだ時があります。その時、友人に教えてもらった方法で更年期対策をしたのです。それはあのアロマテラピーです。

 

それまでは全く興味はありませんでした。でも友人はとてもは待っていて、いつも良い香りに包まれて暮らしていたのです。その友人から教わった方法でもあるのです。

 

寝る時から始めてみたのです。寝る時に、枕元に置いてみたのです。するとそれまでぐっすりと眠れなかったのに、とても気持ち良く朝まで快眠できたのです。

 

更年期ではなかなか寝付けずに、それがいらつきの原因にもなっていたのです。それが解消されたのです。

 

アロマテラピーにはそんな力もあったのです。まるで睡眠薬のような働きもしてくれるのです。いらついて、気分を晴らしたいと思った時に私はアロマテラピーをするようになったのです。いろんな香りがあるので、少しずつ試して自分の好きな香りにしてみたのです。

 

更年期がここまで改善されるなんて思いもしませんでした。